1: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 12:58:04.97 ID:lzFjPuEe0
 秋の味覚マツタケが県内主要産地の高畠町で出回り始めた。8月下旬の長雨と今月上旬の陽気が生育を促し、県外産の持ち込みも含めて例年より10日ほど早く動きだしている。今シーズンの豊作を左右する鍵として関係者は、この連休中の天候を挙げており、5年ぶりの豊作に期待を込める。

「今年の収穫量を左右するのは、この連休に見込まれる雨の状況」と強調する。一日を通して適度な量の雨が降り、その後は雨と晴れの日が繰り返せば豊作が期待できるという。「お客さまが買い求めやすい値段で提供するのが一番の願い。大豊作となった2010年の再来となってほしい」と、気象情報を注視している。