すみません。
雑記をひとつ。

台風気になりますよねー(´・ω・ `)
台風の状況確認しようと気象庁のホームページに行き着くと、「ん?誰かのブログ?」と錯覚するような画面が目に飛び込む………。
個人の方なら良く出来たWebサイトですがしっかり気象庁のホームページです。
ただ「ショウキンが当たる」「無料」とかの文言があるとブロガーのWebサイトかと勘違いしそうです💦
 3BF25689-84E0-4B2D-A995-6B3F445150D0  

大きな広告枠が2つ貼ってありますね…
天下の気象庁がアフィリエイト始めたんかい(笑)クスッとなりましたが、そんな訳ないだろうと不思議に思いちょっと調べてみました。
 


 



私が情報弱者なだけでこの半年にいろいろあったみたいですね。


予算不足を補う為に「せや、PV多いんやから広告や!」 と言わんばかりに運用型広告で年間2億4000万円の収益を見込んでいたらしいのですが、規約の不確実性に抵触し(予報の的中率じゃないよね💧)広告を1日で剥がされたとの事です。
さすがは官公庁、一般のブロガーでは絶対に相手にされないであろう、不承認原因を解明すると関係者が発言したようですね。
そして残るは純広告となるのですが、広告営業出来ないので事後をプロに任せたんでしょうね。
その純広告収入の見込みが800万円との事。
ですのでアフィリエイトではありませんでした!



ですが、ここで更なる疑問が。
天下の気象庁がこの800万〜2億4000万の経費を捻出したい事情についてです。
予算についてググると


気象災害が増えているなかで予算が削られている😭
それを少しでもなんとかしたい😢
的な記事がありました。
予算が逼迫しているから自分たちで何とかする
いいじゃありませんか‼️

国民の財産生命を守る、国防上大切な省庁ですからね。
技術開発や用地確保で大金が必要なのは素人でも想像つきますし。




そして公式な予算見てみたら………

令和3年度 気象庁関係予算決定概要

http://www.jma.go.jp/jma/press/2012/21a/03kettei.pdf

あら、 予算537億に対して人件費347億………
その割合64.7%
民間企業の場合売上高人件費率と言う指標でその会社の労働分配率を計りますが、気象庁の収益はいくらあるのでしょうか?
探しても出てきませんでした( ;ᵕ; )
きっと航空会社とか気象サービスの企業へ有料で情報配信してますよね。

もちろん官公庁ですから民間企業と単純比較をしてはいけませんが、 小さな利益を狙う前に予算の捻出の仕方があるのではないでしょうか

ちなみにフランス気象局は約3億ユーロで運営しているようです。